手形割引という言葉は聞いた事がありましたが、それが何を意味する事なのかはよく知りませんでした。
最近になってようやくなんとなくではありますが意味を掴む事ができてきたのですが、それと同時にこれは世界中のどこにでもあるものなのかという疑問が湧いてきました。
おそらくは似たような仕組みはありそうなのですが、実際にそれを確認したわけでもありませんし確認するすべもありません。
そこで友達のブラジル人に話を聞いてみる事にしたのです。

ブラジル人の友達に聞いてみた

海外の手形割引事情を知るには外国人に話を聞けばいいということで、ブラジル人の友達に話を聞いてみることにしました。
ところが反応はいまいちで最初に問題となったのが、手形割引をどのように伝えるのかということだったのです。
日本語でそのまま言っても通じるような単語ではありませんし、かといって仕組みを説明したら伝わるかというと、そもそも自分自身が手形割引のことをわかっていないだけに上手く伝えることができませんでした。
そのため、答えを引き出すまでにかなり苦労をすることになり、手形割引の文化が無いのかあるいは自分の伝え方が悪いから正しい答えが返ってこないのかわからない状況になってしまったのです。
色々苦労をしながらなんとか伝えてみたところ、返ってきた答えとしてはそのようなものがあるということを話には聞いたことがあるということでした。
わかりやすく言えば手形割引のことを知る前の自分と同じような状況だったということです。

日本と同様、一般人にはよく分からない話だったようです

話がしっかりと伝わっているのか少し不安が残りましたが、感じとしては似たような文化は存在しているようで、一般人にとっては縁のない話だけによくわからないということでした。
いまいちはっきりしない部分はありましたが、現地の言葉で手形割引に相当する単語を教えてもらうことが出来ましたから、一応話は伝わっていることがわかり、認識としても日本と大差ないということがわかったのですっきりしました。
このことでよくわかったことが、自分の知らないことを外国人と話してその国で似たような文化があることを聞き出すのは非常に苦労するということです。
そもそも自分がよく理解していませんからそれを相手に説明するのに苦労をしますし、相手からの答えも期待している答えかどうかわかりにくく、自分で聞いておきながら意味がわからないということになってしまいます。
そのような堂々巡りを繰り返すことになるので、質問をするときにはもう少し自分で内容を理解しておかなければ駄目だと思いました。

おススメホームページ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です